オマチくんが行く!

関西在住。アラフィフサラリーマンです。無理しない、1日1つ楽しむ、体力をつける、の3つが今年の目標!月1万円おこづかいを上げて欲しい(希望)【Since 2017.4】

「夢をかなえるゾウ」をkindleで無料で読みました!

「夢をかなえるゾウ」を読んだ

夢をかなえるゾウ

夢をかなえるゾウ

最近、あまりに寒すぎて、家の中で猫のように縮こまっているオマチです。

さて、kindleで「夢をかなえるゾウ」を読んだら面白かったのでご紹介です。
AmazonのPrime Readingで無料で読めるんですよ!本当にお得だなあ~


主な 登場人物?

・普通のサラリーマンの若者<主人公>
・ガネーシャという名のゾウの姿をした神様

(人の心が読める。人に化けることができる。空を飛ぶことができる。タバコを吸う。甘党。虚言癖あり。)
・サラリーマンの会社の人達
・釈迦(ガネーシャの友達らしい)

あらすじ

主人公が、会社の先輩の友人のパーティーに出席し、自分の住んでいる世界との差を痛感した夜、やけくそで泥酔して翌朝起きると、枕元に関西弁を話すガネーシャがいる、そんなところからこのお話が始まります。

ガネーシャは、主人公がインド旅行で買った置き物から化けて出てきたらしく、

「人生を変えたい」と泣き叫んでいた主人公に、色々な課題を課して、それを行動に移した主人公が、最終的には自分が夢見ていた有名な建築家になる、というお話です。

面白いと感じたところ

とにかくガネーシャのキャラが抜群に面白い!

あんみつが好きで、虚言癖?があり、人に変身ができ、お釈迦様がお友達。
自己愛がすごく、ほめてもらわないと機嫌が悪くなるという神さまとは程遠い?性格。

それでいて、色んな偉人(ニュートンやロックフェラー、松下幸之助や本田宗一郎ほか)を自分が育てたと言い、彼らを君やちゃんづけで呼ぶ。

関西弁というのが、関西の人間にとっては非常に親しみがあって良いですねー(笑)

主人公も面白い!

今時の若者で、自分を変えたいと思いながらも三日坊主の性格。

ガネーシャの言うことを半信半疑ながら実践する素直さがあって、でもガネーシャの悪乗りにたまにキレる!なんてところが、何故か好感がもてるんです。

この二人のやり取りというか、かけあい漫才的なところなんかも読んでいて非常に面白いです。


為になると感じたところ

ガネーシャの出す課題というのが、なるほど一理あるな、と思わせることばかり。

例えば、最初の課題である「靴をみがく」。

これについて、イチローが商売道具であるグラブを磨いている、そういう姿勢があるからずっとトップでいられることを例えとして述べ、サラリーマンの商売道具である靴を磨けというものである。

主人公が、何故靴を磨いたから成功するのか?という問いに対しても、そういう考え自体が成功できない原因で、

成功しないための一番重要な要素は「人の言うことを聞かない」こと、つまり「自分の考え方にしがみついとる」ことだと一蹴するのである。

なるほどでしょ?(笑)

課題はたくさんある

前述のとおり、最初の「靴をみがく」から始まり、「プレゼントをして喜ばせる」まで24の課題があります。

そして、更に最後の課題なるものがあるんですね。
これは読んでのお楽しみということにしておきましょう。

結構、有名な話なんですね

私は知らなかったんですが、200万部ほど売れたベストセラーだそうで。約10年前くらいに出版された本なんですね。

しかも、本だけではなく、アニメやドラマにもなったそうで…。

Amazonプライム会員になってkindle買ってようやく出会えたわけです。感謝。

まとめ

有名らしいので、既に読まれたりした方が多いんでしょうけど、まだ読んでいないという方にはおススメです!

面白いし、為にもなるし、私も是非子供に読ませようと思ってますんで。

自己啓発本らしいんですけど、エンタメ小説みたいな感じで面白く読めちゃいますよ!
是非!

www.omachil.club
www.omachil.club
www.omachil.club
www.omachil.club