オマチくんが行く!

関西在住。金融関係。映画鑑賞、読書、酒好きのオッサンです。 あと4年で会社を辞めるというミッションをコンプリートするのが人生最大の目標なんだけど、もはや死ぬまで働くしかないかと諦めつつある今日この頃…月1万円こづかい上げて欲しい(希望)【Since 2017.4】

うつで会社を休職することになりました①

うつで会社を休職

f:id:omachilove:20181113120411p:plain
突然ですが、うつになってしまったオマチです...

今日は少し状態がマシなのでブログを書く元気があります…

今後、うつで会社を休職することになる方の為に記録として残しておこうと思います。


前兆

2018年7、8月は連日のように酷暑が続いていました。

かと言えば、大型の台風がいくつもきたりと、もともと低気圧になると調子が悪くなる自分としては、しんどい日々が続いていました。

ただ、酷暑による疲れと、台風等による通常の調子の悪さが重なって気分や体が重いものだと当時は思っていたのですが、

今から思えばどうやらそれはうつ病の前兆であったように思います。

何故なら、体調の悪さ(だるい等)以外に明らかにヤル気がでないとか、何に対しても興味がわかないとか、笑えない、表情が硬いとか、

そういった状態にあることを少し自覚していたからです。

本格的な身体症状が発生

しんどい毎日が続いていましたが、仕事自体は落ち着いていたので何とか会社には夏休みをとりながら通い続けていました。

ところが、ある金曜日、自宅に着いた瞬間に体から全てのエネルギーがなくなってしまったのです。

この時に、かなりマズイ状況ではないか?ということを実感しました。

とりあえず土日の2日間、寝て過ごしたことにより少しエネルギーが復活したため、また翌週の月曜日から会社には通い始めましたが、

週半ばにはまたもやエネルギーがなくなりました。まさにガス欠状態。

とても仕事を続けられないと思い、上司に報告。すぐに医者に行くようにすすめられました。

 

心療内科へ

正直に自分の現状全てを包み隠さず医者に伝えたところ、

「うつ病ですね。〇ケ月自宅療養が必要ですので診断書を出します。」

青天の霹靂でした…。まさか自分が、うつ病?そんな、すぐ会社を休むわけにはいかないと思いましたが、出てしまったものは仕方ありません。

診断書を手に自宅に戻り、家族に説明することになりました。

家族も大変ショックを感じていたように思います。とてもそんな風には見えていなかったと思いますので。

こういったメンタルの病気はよほど重症でなければ他人から見ても分からないケースが多いです。

色々と話し合った結果、休みを取りながら会社と病院に通うことにしました。

会社へ報告

上司は、一度休職してはどうか?と提案してくれました。

ただ、それなりに仕事をかかえていましたし、休みをとりながら何とか仕事量を調節することでしのげるのではないかと、今から思えば甘い考えをもっていました。

産業医との面談も経て、結果、休職はしないことになりました。

その後、一か月経過し

抗うつ薬を飲みながら、仕事も無理をせず何とか会社に通っていましたが、やはり打合せや出張、少しこみいった資料作成等をすると、しんどいなあという感じがありました。

ですが、まだ大丈夫だろうと思っていました。

ところが、薬の副作用などもあり、夜、眠れなくなったり、食べ物の味がしなくなったり、足に力が入らなかったりと、新たな身体症状が出始めました。

結局、ある日から会社に出社できなくなりました。

会社に連絡し現在は休職中です。
最初から医者の言うことを聞いておくべきであったと今は思っています。

まとめ

大事なことをまとめとして書きます。

まず、何らかの症状が出たらすぐ医者に行くこと。

医者の診断には従うこと。

うつ病の治療は何よりも薬と休養であること。

これを今、実感しています。
最初は1日中自宅で寝ているだけの生活(軽症でも)になったりしますが、それも大事なことです。

会社のこと(途中で放り出した仕事のことや周りの皆さんに迷惑をかけているであろうこと)も気になりますが、

それを考えても体調は良くはなりませんし、会社はそういう時でも何とかまわるように出来ています。

まずは治療を最優先すること、
これが自分のためにも家族のためにも一番大事なことだと思います。
www.omachil.club
www.omachil.club
www.omachil.club
www.omachil.club



 

ブログランキングに参加しました!
ポチッとして頂けますと嬉しいです!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村