オマチくんが行く!

アラフィフサラリーマンのまだ本気出してないけどね雑記

ベーシックインカムハウスという名のシェアハウス

ベーシックインカムハウス

f:id:omachilove:20180708153234p:plain
世の中ではベーシックインカムの導入が声高に叫ばれていたりしますが、そんな中でこんな記事を読みました。

記事の内容

働かなくても生活できるなら、何をする? 「ベーシックインカムハウス」の試みに思うこと

2018年3月、神奈川県厚木市に、冷暖房完備なのに水道光熱費無料、おまけに家賃とインターネット接続料まで無料という「ベーシックインカムハウス」がオープンし話題になっています。

オーナーであるカイリュー木村さんの「忙しいせいで自分の才能を発揮できない人たちから労働を取っ払ったらどうなるんだろう?」という疑問から始まったこの試み。
(中略)

ベーシックインカムハウスでは家賃光熱費インターネット接続無料の他に、米や麺などの基本的な食料はハウスにあるものを食べてよく、さらに食費として1万5000円が毎月支給されるそうです。しかも自家用車1台をシェアしてつかうこともできます。生きていくための費用はゼロ円です。

入居の条件は「やりたいことがあること」と「それを発信すること」だそうです。
私財をなげうってベーシックインカムハウスという社会実験をされたカイリュー木村さんはすごいなぁと思います。(執筆者:那波 りよ)

年齢は20~30代で、職業は絵描きさんやWEBデザイナーさんなどが自分のしたいことのために密度の濃い時間を過ごされているとのことです。

一見、非常に楽しそうだし、自分も若ければやってみたいと思うかも知れませんね。

記事を読んで思うこと

働かなくても生活できるなら何をするのかという社会実験とのことですが、詳細は分かりませんが、皆さん、結局働いているのでは?

ただ、生活していくために必要な稼ぎが得られない仕事をしているだけというと酷でしょうか?どうもそんな気もしないではありません。

寝食は保証されていても、やはり人間には最低限の欲があります。服だって欲しいだろうし、遊んだりもしたいだろうし、美味しいものもたまにはしたいでしょう。旅行に行ったりなんかもね。

となると、やはり最低限のお金は必要になります。だとすれば、そのお金を稼がなければいけないわけで、そこは労働して得るしかないわけですね。

私の土日は同じようなもの

私はサラリーマンで土日は基本お休みです。仕事はする必要がありません。

そんな中で一体何をして過ごしているかというと、いつもよりはゆっくり起きて(つまり多めに寝ている)、

ブログを書いたり、テレビを見たり、買い物にでかけたり、たまには外食したり。本を読んだり映画(ビデオ)を観たり、テニスをしたり(最近一切してませんが)、病院に行ったり、散髪に行ったり(笑)結構、雑用が多いですが、結局そんな感じなんじゃないの?と。

まあ、平日の生活には正直うんざりしていますけどね。

まとめ

あくまで実験ということですが、恐らく、ずーっとこんな状態で死ぬまで生きていくことはできないのでは?

人間って飽きる生き物だと思うんですよね。だから退屈もするでしょうし、これじゃあ子育ても出来ないんじゃあないかと

(子供必須とは思ってませんし、色んな育て方があるとも思いますが、それなりに教育をつけようと思えば、それなりのお金がいるのは経験上事実です。)

老後もね、なんやかんやでお金って必要なんですよ。

人間って楽したいと思う人が多いと思うんですけど(私も同じ)、なかなかそうはいかない現実があって、

一生一人で、最低限の生活で、だらーっと生きて、それでも後悔はないっている人も中にはいると思うので、そういう人はそれでもいいと思いますけど、

そうじゃないんだったら、こんな社会だけど、それなりに嫌なことや辛いことをしのぎながら(たまには逃げながら)凡人は生きていくしかないのかな、そう思っている今日この頃です。
www.omachil.club
www.omachil.club
www.omachil.club

 

ブログランキングに参加しました!
ポチッとして頂けますと嬉しいです!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村