オマチくんが行く!

アラフィフサラリーマンのまだ本気出してないけどね雑記

長生きするリスクと長生きしないリスク

長生きするリスクと長生きしないリスク

f:id:omachilove:20170819140814p:plain
日本酒好きのオマチ(雄町)です。

皆さん、長生きしたいですか?

不謹慎?かも知れませんが、私はほどほどで結構です。

大体、75歳くらいでお願いできればと。まあ、そんな上手い具合にはいかないのですが(笑)

何故なら、それ以上生きても、周りに迷惑がかかるだけかなと思ってまして。

自分で自分のことをできなくなったら終わりかなと。子供や他人に迷惑をかけるのは本当に心苦しい!

75歳くらいになると

その歳になれば、体力もお金もあまり余力はありませんし、楽しみの一つの食事もそんなに食べられないでしょう。

それ以上生きて、死ぬまでお金の心配や計算をするのももうイヤです。(計算なんてできないかも…)

医者通いして税金を使って次の世代の負担を増やすのも心苦しい限りです。認知症などのリスクもありますし。
それくらいならほどほどで、と思う訳です。
まさに長生きリスクですよね。

60歳台で死ぬと

かといって、あまり早すぎると、妻の年金が減ります。
せっかく長年にわたって支払ってきたのに、それが本人死んだら支給しませんよっ

てんですから、非常にあほらしいですよね。
それなら払った分は返して欲しい。

若しくは遺された配偶者にそれなりに支払ってくれればと思うのですが、そのような仕組みにはなっていません。

だからあまり早死にするのにもリスクがあるんですよね。

まとめ

非常に難しい問題です。
これまで、経済的に恵まれている政治家やら官僚は先延ばしにしてきたし、

恐らく今後も極力先延ばしにしようとするでしょう。受給年齢の引き上げや受給額の減少がおこるでしょう。

我々一般人には如何ともし難い問題ですが、どうせ痛みを伴うなら早めに対処して欲しいものだと切に願います。

www.omachil.club

 

ブログランキングに参加しました!
ポチッとして頂けますと嬉しいです!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村