ABCマートでニューバランスのスニーカーを買ったらAmazonより3千円高かったです(涙)

スポンサーリンク

オマチです。

以前から、今回ボーナスが出たら、そして給付金が10万円振り込まれたら、いったい何を買おう?

そうだ、長年欲しかったけど、なかなか買えなかったスニーカーだ!

ということで、いろいろとネットで事前にリサーチをして、ニューバランスの574モデルを買うことにしていました。

そして、とうとうABCマートに行く日がやってきました!

スポンサーリンク

スニーカーを買うなら、とりあえずABCマートだと思っていた

私は神戸に住んでますが、最近は、靴屋といえばABCマートしか思いつきません。

大体、大型の商業施設にいくと、必ず入っていると思います。

これまでは、自分の普段使いの靴を買うことは滅多にありませんでした。

買っても、通勤用のビジネスシューズ。

そういうことで、久しぶりの自分の好きなモノを買ってもよい機会だったわけです。

何年ぶりだろうか? この高揚感、分かります?(笑)

とにかく、長年、会社の昼ご飯代500円縛りオジサンからすると、自分の好きなモノなどなかなか買う機会もお金もないのです。

ということで、いつもは慎重にAmazonとかで値段を事前にリサーチするのですが、そんなこともすっかり忘れ、朝一番からお店に突撃してしまいました。

これがそもそもの失敗の始まりでした。

スポンサーリンク

朝一番に接客してくれる靴屋(以外のお店も含む)に行くのは要注意

なぜ、朝一番にお店に行くのが要注意なのか?

というのは、ほかにお客さんいなかったりするじゃないですか。

だから、お店のスタッフさんも、忙しいときはあっち行ったりこっち行ったりと忙しくて、その間に、冷静になることもできたりするのですが、べったり接客していただけるものですから…

靴のサイズもいろいろと出してくれますし、カラーが違うのも速攻で持ってきてくれます。

で、いろいろ試し履きさせてくれて、こちらの服との相性とか、オールシーズン行けるとか、こちらの方がカジュアルだとか、いろんな相談にものってくれるわけです。

そうなってくると、「今日は、とりあえずやめておきます」とは口が裂けても言えない雰囲気にどんどん自分が追い込まれていくのですよ。

メンタルが弱い?

そうかもしれません(涙)

で、そんなときに限って、自分の好きな色のものがあったりしますし、サイズがなくてもすぐ他の店から取り寄せ可能ですので、なんて言われるともうダメですね。

「これ、ください。」と言って、1万円弱のお買い上げとなりました。

その時は、十分、納得して買ったわけですが。

スポンサーリンク

自宅に帰ってからAmazonで検索してしまった

幸か不幸か、家に帰ってからAmazonで自分が買ったスニーカーを検索してしまいました。

そうしたら、7千円弱で売っている…しかも、あと2足も在庫がある。

せめて、在庫がなければ、もしくは千円程度の違いなら、あきらめもつくところですが、3千円も違うのかと。

正直、ショックを受けました。

買ったものと少し違ったりしてないだろうか?と、よくよく見てみましたが、どうやら全く同じ品物。

この落胆ぶりはいつ以来だろうか…

なぜ、このような事態を招いてしまったのか?

ボーナスが出て、浮かれていたためか?それとも給付金のせいで気が大きくなっていたせいか?

今からでも遅くない。お店に飛んで行って返品できないだろうか?

いやいや、あれだけ時間もとって、相談にものってくれて、自分も納得して買ったものを、単に値段の差だけで返品なんてしてよいものだろうか?

あのスタッフさんの手間や時間もコストがかかっているんだぞ、と。日本人の良心を思い出せ、自分。

3千円程度のことで、大の大人がそんな落胆するんじゃない!

少し高い授業料を払ったと思って、今後は事前にAmazonで値段を確認してからお店に行くとか、そもそもAmazonプライム会員なんだから、Amazonワードローブを使うとか、とにかく前を向こうじゃないか!

と思いましたが、その夜はあまりよく眠れませんでした(悲)

3千円あったら、金麦を1か月分買えるのに(ぐむむ)やっぱり悔しい。

スポンサーリンク

翌朝の朝一番にABCマートに直行した

梅雨の時期。

ただでさえ、うっとおしくて外に出るのも億劫なのに、その日は躊躇なく自宅を出発。

昨日スニーカーを買ったお店にまいりました。

そして、開口一番、

「すみません。返品をお願いしたいんですが…。」

朝一番に来た客が返品の客とは…(結局買ってないから客ではなくなったのだが)

スタッフさん、ごめんなさい。

僕は小さい人間でした。

でも、でもね。

3千円あったら、私は1週間のお昼ご飯が食べれてしまうんです。しかも、それって自分の小遣いなんです。

スタッフさんは、返品ですか?と少々不機嫌な感じで(それは私が思っただけかもしれませんが)端末を操作し、結局、何事もなかったかのように原状回復することができたのでした。

そして、その後すぐ、私はスマホでAmazonのサイトから同じスニーカーを注文したのでした…。

これでよしっ!

胸のつかえがとれました。

スポンサーリンク

まとめ

モノを買うときはよくよく注意しましょう。(自分が言うか?という感じですが)

それは本当に必要なものですか?

本当に自分が欲しいものですか?

他で同じモノがもっと有利な条件で売っていませんか?

事前にAmazonで確認しましたか?

(家電なら、価格ドットコムで確認しましたか?)

(旅行なら青春18きっぷを検討しましたか?)

靴や服なら、Amazonワードローブでサイズを実際に確認できます。

そして、もしサイズがあわなくても、店員さんに気をつかうことなく、箱に入れて簡単に返送できます。

ということで、私のスニーカー購入にかかる失敗談?でした。

【こんな記事も書いています】

スポンサーリンク
日常その他
スポンサーリンク
スポンサーリンク
オマチくんをフォローする
スポンサーリンク
オマチくんの「人生ぶらり旅」ブログ