ワークマンで真空保冷ペットボトルホルダー500mlを買ってみた

スポンサーリンク

オマチです。

今日は久しぶりに最近買ったものの中で、これはイケてると思う商品について紹介します!

すでに巷ではかなりうわさになっている「真空保冷ペットボトルホルダー500ml」です。ジャーン!

なんか、オンラインストアでは完売状態が続いていて、実店舗でもなかなか売っていないという代物です。

Amazonやヤフーショッピングとかで、かなりの高値(5000円とか(汗))で転売ヤーが売りに出しているようですが、普通に買えば980円です。

そんなところでは絶対に買わないようにしてくださいね(アホらしいですから)

で、私はというと、たまたまなのか?最近初めて実際の店舗に行ったのですが、その時はお店に入ったすぐのところに何十個も並んでいたので、とりあえず2個ゲットしてきました。

もちろん、転売するのではなく、自分たちで使ってます(笑)

スポンサーリンク

ワークマンのすごさ

今回は、真空保冷ペットボトルホルダーの紹介ですが、ご存じのとおり、作業着をものすごく機能的にし、かつオサレな感じにして、さらにお安く売っているのが特徴ですね。

実際、これ以外にも、私はテニス用にシャツを買いましたし、その他にも、ランニング用の靴とか買ってしまいそうになりました。

とにかく値段が安いので、結構、お客さんも来ています。

ただ一つ難点を言えば、お店が少しへんぴなところにあるという点でしょうか。

私は神戸に住んでいますが、一番近かったのが「ららぽーと甲子園」(西宮市)にあるお店で、車で約40分ほどかけて行ってきました。

私はこれまでワークマンに行ったことがなかったので、どんなものか覗いてみよう、という好奇心もあって出かけましたが、もう少し便利な場所にあったらな~という感じです。

スポンサーリンク

ペットボトルホルダーのスペック

ざっくり書きますが、高さはペットボトルの飲み口+αが少しホルダーから出る程度。

重さは大体300gくらいでしょうか。

太さは普通の500mlペットボトルが余裕で入るくらいになります。

写真を見てもらったほうが早いですね。

ホルダー自体はステンレス製で、ふたの部分はゴムになります。

使い方は、冷えたペットボトルを、ふたをとってスポッとホルダーに入れて、最後にふたを閉める。たったそれだけです。

通常のステンレスボトル(飲み物を直接入れるタイプ)だと、使用後はいちいち中を洗わないといけないのですが、これはペットボトルを取り換えれば済むので非常に簡単というか、お手入れ不要。

めんどくさがりの私にはピッタリです!

スポンサーリンク

さて、一番重要な保冷力はいかに

ペットボトルホルダーとして通常売っているもの(カバー的な感じのもの)だと、保冷力は2時間もつかどうか?という感じだと思いますが、

ワークマンのホルダーは、なんと朝いれて、夕方くらいまで冷たさが感じられます。(もちろん徐々に冷たさはなくなっていきますが)

室内での使用ではありますが、これは有難いですね。

この時期は、やっぱり、ぬるくなったのより少しでも冷たいのを飲みたいですから。

それほどの保冷力があるのに、たったの980円(定価)です。

スポンサーリンク

まとめ

結論は、コスパ最高。買うしかないです。

ただ、あまり売っておらず、今のところは手に入りにくい、というのが残念です。

もっと増産してほしいですね。

ワークマンさん、よろしくお願いします。

【こんな記事も書いています】

スポンサーリンク
レビュー・本・映画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
オマチくんをフォローする
スポンサーリンク
オマチくんの「人生ぶらり旅」ブログ