洋服の青山で4980円(税抜)のノンアイロンワイシャツを約500円で買いました。

スポンサーリンク

ワイシャツ
オマチです。

以前から気になっていたノンアイロンワイシャツ。

妻がいつもアイロンをかけてくれるのが大変そうなので、遅ればせながら、試しに洋服の青山に買いに行ってきました。

そうしたら、4980円(税抜)のワイシャツが約500円になり、大変恐縮して帰ってきた次第です。

洋服の青山のクレカ会員になっています

僕は、社会人になる時に、今は亡き母親がスーツやシャツ、靴下、靴、カバンなど、一式を洋服の青山で買ってくれました。

その時から、洋服の青山さん?には大変お世話になっています。

結婚してからは、ブランドのスーツを買ったり、その他、色んな場所でスーツを購入したこともありますが、最近はまた一周して洋服の青山に戻ってきました。

ちなみに、洋服の青山で何かを買う場合、必ず、会員になってクレジットカードを発行することになります。

なぜなら、そうすると色んな割引が付いてくるので、お得感満載になってしまって作らざるを得ないのです。

年会費は確か3千円ほどかかるのですが、それ以上の商品券(3000円、1000円、10%オフクーポン)を毎年もらえるので、毎年何かを買うのであれば損はしないようになっています。

本当に商売上手だな。

今日の青山もお客さんはまばらでした

僕の場合、通常、土日に行くわけですが(平日は仕事だから)、いつ行っても、お客さんであふれていたことは一度もなく、大体は閑散としています。

でも、なぜだか数人程度は必ずいる、というのが微妙です。

西松屋さんみたいなものなのでしょうか…

よく、こんな感じで閉店にならないな?といつも思いますが、はや30年が経過しているので、それでも採算が取れている、

しかもそれなりにとれている、ということなのでしょう。

実は最強のビジネスモデル?

いかにスーツ等の原価が安いか、粗利率が超良いかが分かります(笑)

まあ、それでも必ずいろいろと買ってしまうのですが。

そもそも何かを買いに行ってますから、当然といえば当然です。

いよいよ本命のノンアイロンワイシャツに迫る

1枚は買うつもりだったので、基本的には強気です(笑)

ウロウロしているとご年配の店員さんがニコニコしながら寄ってきてくれます。

非常に丁寧に接客してくれるので、会社や家での扱いとの違いに、ついこちらも恐縮してしまいます。

しかも、大した金額の買い物をするわけではありませんからなおさらです。

ノンアイロンワイシャツを探していると伝えると、普通のワイシャツとの違いを懇切丁寧に教えてくれ、

更にたくさん種類がある中から、僕のサイズ(会員なので過去の買い物履歴から首回りなどのデータが分かるようです)にあったシャツを、何種類もとってきて並べてくれます。

しかも、今は時期的にボタンダウンしかないんです、すみません、などと謝られてしまうありさまです。

ノンアイロンワイシャツを購入

結局、数種類並べてもらった中から、一番オーソドックスな柄を選び、購入することにしました。

1枚4980円(税抜き)です。

これが3枚買うと、13000円(税抜き)くらいになるのですが、今回はお試しなので、グッとこらえて1枚だけ。

そして、会員に送付される商品券とクーポンを恐る恐る出します。

なぜ、恐る恐るなのか?

それは、説明したように、支払金額に対して過剰な接客を受けているからです。

商品券が4000円分あり、更に、10%オフクーポンで、その時点で1000円ちょっとになっています。(汗)

スマホで何か登録(店員さんがしてくれました)したら更に500円割引となってしまい?過去のポイントが150円あったので、結果的に支払金額は500円とちょっとになってしまいました…

こんなことで大丈夫なのだろうか?

まとめ

まあ、スーツとか2着買うと、洋服の青山でも結構良い値段がします(特に品質が気になったことはないです)ので、たまにはこれくらいはいいだろうと思いますが、なぜだか大変恐縮してしまいました。

これも、次も洋服の青山に行こう!と思わせる作戦なのかも知れませんし、それにまんまとはまっているのかも知れませんね。

でも、定価で5000円以上するシャツが500円で買えるのは、庶民にとっては大変ありがたいお話しです。

スポンサーリンク
マネー・節約
スポンサーリンク
スポンサーリンク
オマチくんをフォローする
スポンサーリンク
オマチくんの「人生ぶらり旅」ブログ