老後に2000万円必要だということを知らなかったのは単なる勉強不足だと思います

スポンサーリンク

貯蓄
オマチです。

最近、金融庁の報告書で、年金に関する記載が世の中を賑わせています。

老後に2000万円は必要だ、という部分に関して。

これについて、年金制度が崩壊したとか、死ぬまで働けということかとか、政治家においては野党がこぞって国民に謝れだとか、それに対して与党の麻生大臣は報告書を受け取らないとか(これが一番意味不明)

批判を承知で僕の意見を言います。

それを知らなかったのは(もしそういう方がいらっしゃるなら)単なる勉強不足です。

悪いとまでは言いませんが、リスク管理能力が低いと言わざるを得ません。

自分が受け取れる年金の額を知っていますか

皆さん、自分の年金がいくら出るのか、ちゃんと確認もしくは考えたことがありますか?

僕は確認をしています。

ねんきん定期便というはがきが毎年送られてきますよね。

50歳以下は、ざっくりといくら程度よ、という内容ですが、50歳以上になると、もう少し正確な数字に近づいてきます。

これを見れば、国民年金だけの人も、厚生年金の人も、大体、毎月どれくらいの年金を受け取れるのかを知ることができます。

ちゃんと内容を確認していますか?

もし、していなければ、今すぐした方が良いですよ。

ちゃんと年金情報は提供されているわけですから。

ちなみに、ネットでもその手の情報はたくさん収集できます。

国民年金(自営業者の方など)だけなら、月でいうと満額でもたった6万5千円程度ですよ。

厚生年金(サラリーマンの方)でも、標準報酬月額によりますが、妻が専業主婦なら40年間保険料をおさめて22万円程度です。

ちなみに、サラリーマンで、三階建て部分(企業年金)がある方は、+5~6万円?でしょうか。

そういう方は一番恵まれていますよね。

これは、ねんきん定期便では分かりませんが、会社や社会保険事務所で聞けば分かります。

毎月の生活費はどれくらいかかるのか?

一方で、毎月の生活費については、普通は大体わかりますよね。

住んでいる場所、持ち家か賃貸か、車を所有しているかしていないか、など、条件によって大きく変わりますが、夫婦二人(もしくは一人)になったときに、必要となる生活費を試算しましょう。

これも、さほど難しいことではないはずです。

毎月の不足額

年金受取額(予定額)から毎月の生活費(予定額)を引けば、毎月足りない額がいくらかはすぐ分かります。

人によっては、不足しない方もあります。

不足額に、65歳以降、大体何年(何か月)生きるか、を掛け算すればトータルの不足額がざっくりですが簡単に出ます。

それに、特別な支出(医療費、介護費、冠婚葬祭費、家の修繕費など)を足せば、必要な貯金額が出るのです。

決して難しいことではありません。

今回の金融庁の報告書の件

平均的な世帯の必要貯金額は2000万円ですよ、というだけの話です。

少し考えれば分かることであり、以前から分かっていたはず、もしくは、分かっていなければいけなかったことだと思います。

毎月、平均の年金受取額(モデル世帯)が22万円で、平均の生活費が27万円、毎月5万円不足する状態が仮に30年間続く(夫婦ともに95歳まで生きる計算になっています)と、それくらい必要だよねー、という話です。

上記にも述べたように、これはモデル世帯を前提とした試算額ですので、誰にでもあてはまるわけではありません。

したがって、一般的な話とは言えません。

もっと生活費が低かったり、早くに亡くなれば、必要な額は減りますし、もっと派手な生活をしたり長生きしたり(というか95歳以上生きるかね…)、年金の受取額が低ければ、もっと必要な額は増えるわけです。

一概には言えませんよね。

年金だけで死ぬまで生きていけると誰が言ったのか?

実は誰も言ってません。

以前から、年金だけでは不足するので、なるべく貯金しておきましょう、住宅ローンは退職金で帳消しにするのではなく繰り上げ返済しておきましょう、とずっと言われていたことです。

僕からすれば、何をいまさら大騒ぎしているのだろうか?という感じです。

僕は現在50歳前半で、現時点では大した貯蓄はありませんが、少なくとも60歳までには退職金を含めて3千万円以上は貯蓄する計画をたてています。

まとめ

お金はすぐには貯まりません。

100万円貯めるのも、実は結構大変です。

人生は予期せぬことも起こります。(急に、トイレや食洗器が同時に壊れたりします。)

したがって、なるべく早いうちから、資産形成についてよくよく考えておくことをおすすめします。

FP(ファイナンシャルプランナー)の勉強をするのも一つの手かと思いますよ(僕は昔のFP2級を持っています)

スポンサーリンク
マネー・節約
スポンサーリンク
スポンサーリンク
オマチくんをフォローする
スポンサーリンク
オマチくんの「人生ぶらり旅」ブログ