SNSからブログを読みに来たユーザーは記事を雑に読むと思う

スポンサーリンク

SNS
オマチです。

僕はSNSでは、現状、Twitterだけやってます。

Facebookは身バレが恐いのと、Instagramはブログとの連携の効果がいま一つ分からないからです。

で、Twitterで他人が書いたブログ記事を読むことってありますか?

僕は実はあまりないのと、あってもかなり雑に読むんですよね。ごめんなさい。

SNSからのユーザーはブログを雑に読む

グーグルアナリティクスで、集客の概要を見ると、ダイレクト、ソーシャル、検索ごとの直帰率や平均セッション時間がざくっと見れますよね。

当ブログでいうと、やはり検索(まだ少ないですが)で読みにきてくれたユーザーさんが直帰率も低いし、平均セッション時間も長いです。

逆に、ソーシャル経由(といっても僕の場合はTwitterだけですが)は一番短いんですよね。

僕が、逆にTwitterで他人が書いたブログ記事を読む場合も、実はじっくり読むことはほとんどないです。

雑に読む理由とは

あくまで推測ですが、僕の場合、たまたま目に留まった記事を読むパターンです。

いろんなツイートが流れてくる中で、記事のタイトルに魅かれて読むことが多いです。

そんなパターンですので、申し訳ないんですが、あまりじっくり読むことはないんですよね。

検索とは違って、そもそも、その記事を読もうと思ってクリックしたわけではありませんから。

SNSユーザー向けの記事を意識する

それはどういうことか?というと、記事タイトルやツイートの内容に、まずは「おっ?!読んでみようかな?」と思わせるようなキーワードなり表現を入れることだと思います。

もちろん、メインは何度も言っているように、じっくりと何度も読まれる資産記事を書くことが一番よいのですが、そんな記事ばっかり書けないでしょう(笑)

ですから、ソーシャル経由の流入を狙っての記事を投稿することもアクセスアップには必要だと思うのです。

記事タイトルはもちろんですが、ユーザーは結構記事を読み飛ばすので、見出しにも「おっ?!」というキーワードを入れたり、文中のキーワードも太字で強調したりすることも必要かと思います。

注意しないといけないこと

とはいえ、なんでもかんでも、太字にしたり、下線を引いたり、蛍光色をつけてみたりすればよいわけではありません。

そういうことをすると、むしろ検索でブログを読みにきてくれたユーザーに対しては、読みづらくなってしまうことがあります。

基本はシンプルイズベスト!

それを守りながら、ソーシャルユーザー向けに、見出しや、文中に太字強調を入れる、くらいの感じが良いのではないとと思っています。

色を付けるのは、僕は個人的にはおすすめしません。

まとめ

繰り返しになりますが、SNSからブログを読みに来たユーザーは記事を雑に読む傾向があります。

ですが、ソーシャル経由のアクセスも大事ですので、そういったユーザーにもやはり対応しておく必要があると思います。

アクセスアップの一環として、是非、参考にしてください。

スポンサーリンク
ブログ運営など
スポンサーリンク
スポンサーリンク
オマチくんをフォローする
スポンサーリンク
オマチくんの「人生ぶらり旅」ブログ