【グーグルアドセンス】必見!僕のブログの広告配置・ユニットごとの収益割合

スポンサーリンク

広告収入割合
オマチです。

グーグルアドセンスの広告の配置やユニットをどうすれば収益があがりやすいのか?

参考までに僕の「別運営ブログ」の2年以上にわたる広告ユニットごとの収益割合を計算してみたので、それを発表します。

ただし、これはブログによって違うと思うので、あくまで参考数値ということで、その通りにしたのに収益があがらないじゃないか!

と言われても責任は負いかねますので念のため申し添えます。

広告ユニット・配置ごとの収益割合

今回、この記事で公表するのは、金額ではなく、全体の収益の割合です。

どの配置のどんな広告ユニットが、全体でみた場合にどれくらいの割合を占めているのか?

ですので、誤解のないようお願いします。

一番割合が大きいのは「記事下のレスポンシブ広告」

これは大体予想通りでしたが、正直なところ、ダントツでした。

クリック数の割合でいうと、全体の約49%とほぼ半分。

収益の割合も同様で約49%とほぼ半分という稼ぎ頭です。

やはり記事下へのレスポンシブもしくはレクタングル大の広告設置は必須だと思われます。

二番目に割合が多かった広告は

これが意外や意外、「タイトル下のレスポンシブ広告」でした。

クリック数の割合でいうと約10%。

収益の割合は約19%と非常にパフォーマンスが良い結果でした。

最近はタイトル下に広告を設置していなかったので、記事を書きながら急いで広告を設置しました(笑)

何故、今までこんなことも確認していなかったのだろうか…。反省です。

三番目に割合が多かったのは関連コンテンツ

これも意外な感じがしています。

正直なところ、あまりクリックされてない印象をもっていましたが、意外とクリックされていたんですね。

クリック数の割合でいうと約18%とタイトル下と近い数字。

しかしながら、収益の割合は約10%と逆にパフォーマンスは悪かったです。

この3つの広告で、全体の約80%を叩き出しているんですね。

自分でもよく知りませんでした。

リンクユニットの収益割合について

目次上に設置している、巷では収益があがると噂のリンクユニット。

クリック数の割合は約5%弱でした。意外と少ないじゃないか???

では収益の割合はどうかというと、なんと3%弱…。これも少ない。

どうも、僕のブログでは世間でいわれているような実績はあがっていないようです。

一度、リンクユニットをやめてみようかな。

まとめ

以上のとおり、僕の別ブログではこのような結果となりました。

2年以上にわたっての数字ですので、それなりに参考になるのではないかと思います。

但し、ブログの内容によっても違ってきますから、皆さんも一度、このような分析をしてみてはどうでしょうか。

そして、より収益があがりそうな広告の配置に変えてみるなど、思考錯誤してください。

これもブログの楽しみの一つですね。

スポンサーリンク
ブログ運営など
スポンサーリンク
スポンサーリンク
オマチくんをフォローする
スポンサーリンク
Omachi Log