【悲報】食洗器と温水洗浄便座付きトイレが同時に壊れました

スポンサーリンク

悲報
オマチです。

自分にとって非常に残念なお知らせです。

本日、食洗器と温水洗浄便座付きトイレが同時に逝きました。

他人の不幸は密の味、だそうですから、皆さんには少しは喜んで頂ける話かもしれません。

それだけが僕にとって唯一の救いです。

食洗器の故障について

実は、家を建てて今年で15年が経過しようとしています。

家を建てた際に、取り付けたビルトイン型の食洗器。

少し前から、洗い終わった後に底に水がたまるなどしていましたが、いよいよダメか…

ということで修理が可能かどうか、某ハウスメーカーに連絡をとりました。

その電話で、故障の原因はある程度想定でき、ある部品を交換すれば解消する可能性が高いということでしたが、

出張費+部品代で最低でも3万円程度はするとのことでした。

既に15年使用していて、いつ何時、別の部分に故障が発生してもおかしくない状況の中、

今回、泣く泣く修理ではなく取り換えを選択した方がよいという判断をいたしました。

温水洗浄便座付きトイレの故障について

トイレについては、今年の冬あたりから現在の下に少し水が漏れていることがあり、その時点では寒暖差もあるので結露等かも知れないと思っていたところ、

5月になっても水の漏れがあることから、業者さんに確認をお願いしました。

当方としては、どこかから水が漏れているのだろうけれど、修理可能と勝手に判断していたところ、

既に当該型式のトイレは廃版となっており、部品もなく修理は不可能とのこと。

つまり、便器ごと総取り換えが必要と言われてしまいました。

ショックです。

しかし、業者さん曰く、だいたい10年でこのような状態になるという話であり、

我が家のトイレさんはずいぶん長持ちしてくれたようですので、致し方なし、と思っているところです。

食洗器とトイレの取り換え費用

正直なところ、まさかワンツーでダブルパンチを食らうとは思ってもおりませんでした。

完全に足にきましたよ…

恐らく、トイレは12,3万円、食洗器はビルトインですので15~20万円と予想中。

合計すると40万円ちかくの出費となります。

実は昨年、給湯器が逝かれまして、約30万円超の出費を強いられたところ。

今後も、エアコン、冷蔵庫、洗濯機、テレビ、浴室乾燥機、電動シャッターなどなど、

数十万円単位でお迎えがくると思われる家電製品等が行列をなしており、非常に不安な日々を過ごしております。

ああ、車もそうでした…。

まとめ

子供の教育費負担が減り始めるころに、上記のとおり、家電製品等の寿命が尽き始め、結局はずっと同じペースで出費が続く人生です。

これまでは楽観視していましたが、50にもなるとそろそろ老後資金をためないといけない時期に、これでは全くたまりません。

結局、一生働き詰めで終わる、ということでしょうか。

残念ですが、今回の件で、少しその覚悟ができました。

最後に一言

「貯蓄は計画的に!」

スポンサーリンク
日常その他
スポンサーリンク
スポンサーリンク
オマチくんをフォローする
スポンサーリンク
Omachi Log