僕は毎日、何に消耗しているんだろう

スポンサーリンク

f:id:gugurou:20190421115115j:plain
オマチです。

皆さん、毎日お疲れ様です。

僕は毎日消耗してます。

なんで毎日こんなに疲れるんでしょうね?

普段、あまり深く考えたことはありませんが、今日は少し考えてみたいと思います。

朝起きた時に既に消耗している

僕は、大体、平日は朝6時30分頃に起きますね。

もう少し寝ていたいけど、そうすると仕事に間に合わないから。

その時点で既に消耗している…というか、疲労感が残っている感じです。

前日の夜は深酒をしたわけでもないし、風呂にもつかったし、早めにベッドに倒れこんだはずなのに。

でも疲れている。

この疲労感の原因ってなんだろう?

満員電車で更に消耗する

朝の通勤時間帯の電車の中は、正直言って大変です。

若者が減っている割には学生は依然として多いし、とにかく元気なので集まって電車の中で大きな声でしゃべっている。

正直、うるさいなと思うこともあるんだけれど、それを口に出してしまうのも大人気ないよな…と。

自分も過去にやってきたことなので、ぐっと堪えて目を閉じているわけです。

あとは、隣の人が音楽を聴いていて、思いっ切り音漏れしている場合。

しかも、ヘビメタみたいな音楽を朝から大音量で聴いている。

「音漏れ」さえしてなければいいんですよ。音楽の趣味は関係ないからね。

しかし、これには正直耐え難いものがあります。

あまりにもうるさい場合は、僕も対抗してイヤホンしてスマホで音楽を聴くようにしています。

そうすれば少し気が紛れます。

あと、席に座れればまだマシですが、立っての長時間の通勤電車は苦痛以外の何物でもないですよね。

仕事場に着くころには、もうへとへとです。

仕事で疲労感が加速する

昔はメールなんてなかったんだけどなあ。昔がなつかしい。

朝、デスクにいってパソコンを起動すると、当たり前のようにメールが何十通と送り付けられていて、それをチェックするだけで小一時間くらいかかってしまうことに苛立ちを覚える今日この頃。

そして、決裁文書がうずたかくデスクのうえに積み上げられ、それに一つ一つ目を通しながらハンコを押していく。

気が付いたら会議の時間だ。

本当にこんな会議に出る必要あるのか?そもそもこれ会議する必要あるのか?っていうくらい、会議がスケジュールに登録されているのを見ると、ため息しか出ないというのは僕だけではないだろう?

メール、決裁文書、会議。メール、決裁文書、会議。メール、決裁文書、会議。

あえて、3回繰り返してみたが、この3大疲労要因が、僕をますます消耗させるのだ。

飲み会という魔物の存在

こんな一日を終えて、本来であればまっすぐ自宅に帰りたいところだけれど、何故だか、いろんな飲み会が手を変え品を変えセットされている。

微妙にメンバーが違うだけの、意見交換会という名の飲み会であったり。

飲みたい人たちは勝手に集まって飲めばいいじゃないか?僕は好きなときに一人で飲みたいんだ。

僕がその場にいる必要はないだろう?何か意思決定をするわけでもないんだし…。

と思いながらも、結局は少しだけ顔を出したりして、ようやく帰宅の途へ。

飲み会という魔物がじわりじわりと僕の体を蝕んでいくわけだ。

消耗している原因

結局、家族と過ごす時間や、好きなことに費やす時間や、健康を維持するための時間を犠牲にして、それらの時間を、物質的な豊かさを得たり維持したりすることと引き換えにして走り続けること、走り続けないといけないこと、が自分を消耗させている原因なんだと思う。

あいかわらず、寝ている間も、たまに仕事の夢を見たりするしね。

歳を重ねても、こういうのは変わらないんだなと思う(苦笑)

消耗から脱出するために

そこで、「今の生活」をリセットして、たとえば田舎に引っ越してのんびり過ごします、なんていう人がたまに出てきたりするわけだけど、

中にはうまくいく人もいるかもしれないけれど、万人に対して有効な手段でもないような気がするんだな。

やっぱり都会の生活は、それはそれで便利な一面もあるし、仮に自分は田舎暮らしは大丈夫でも家族が賛成してくれるとも限らないわけで。

また、家族全員が納得して田舎暮らしを始めたとしても、生活になじめない、周りの人たちになじめない、なんていうこともありうるわけで。

ちなみに、田舎暮らしは一つの例で、それが海外であってもいいし、都会に住み続けながらもライフスタイルを変えるということも選択肢としてはあると思う。

口でいうほど簡単なことではないけれど。

まとめ

消耗している原因はだいたい分かったけれど、じゃあどうすれば消耗しないですむのか?についての答えはなかなかに難しい。

今の生活をリセットするのは非常にハードルが高いことだし、気持ちのうえで、「気楽に、肩の力を抜いて」と思ったところで、どうしてもまわりの環境に制限され、拘束されてしまうから。

思っていた以上に、自分でコントロールできる部分というのはほとんどないんだな、ということがよくわかった。

まあ、せめて一日に一度は一人の時間を作るとか、土日はブログ書いてないで、街にでて風や光を浴びるとか、

そんなことをしながら少しでもリラックスする時間をもって、生きていくしかないのだろうか。

スポンサーリンク
日常その他
スポンサーリンク
スポンサーリンク
オマチくんをフォローする
スポンサーリンク
オマチくんの「人生ぶらり旅」ブログ