【ネタ切れ対策】ブログ記事名だけでも思いついたら即メモっておこう

スポンサーリンク

f:id:gugurou:20190331085126p:plain
オマチです。

ブログのネタ切れに困っている方、結構多いんじゃないでしょうか。

まさに、ブログあるある、ですよね。

私も他の雑記ブログで、毎日更新していたときは困ってましたね。

ブログのネタ切れはよくある話

僕の場合、思いついたことを、即、ブログの下書きにメモっておきます。

ポイントは即メモです。

でないと、忘れちゃう。

題名だけでもスマホにメモる。

もちろん紙の「お気に入りのメモ」でもOKです。

題名だけなら、結構、次から次へとおもいつくんですよ。

それでしばらく寝かせておきます。

で、あとで題名を見返して、ダメだこりゃってなる時もありますし、

題名をもとに記事を書くときもある。

特にこのブログはそんな感じでやってます。

単に趣味ですから(笑)

とりあえず5記事でグーグルアドセンスを申請してみました – 田中さんが考えていること

それでもネタ切れになる。それは仕方のないこと

まあ、ブログのネタが切れても何も困ることはないんですよ。

毎日更新しようと思うから、ネタ切れになる訳で、

週に二回くらい更新できたらいいかな…

ぐらいに気楽に思っておけば大丈夫です。

お小遣い稼ぎブログでも、毎日更新しなくてもほとんど影響ないですから。

実際、僕は経験して分かってますんで、安心してください。

もう一度言いますね。

問題ありません!

ブログ更新のタイミングの目安

可能な人は毎日更新してもいいです。

だけど無理する必要は全くないです。

大体、経験上、更新が3、4日途絶えたら、一時的にですがページビューは減りますね。

でも、再開したらまた戻ります。

毎日更新にもリスクがある

これには注意した方が良い、ということを書いておきます。
とにかく更新を優先して、読む人に役に立たない、内容の薄い記事を投稿し続けることはやめた方が良い。

結局、そんな記事は検索もされませんし、ブログのドメインパワーの面からも好ましくないです。

だから将来、削除とかNoIndex化する可能性がものすごく高いです。

せっかく時間をかけて書いたのに、削除することになったら本当に残念ですものね。

実は私自身がそういう失敗をしたものですから、お話しておきますね。

まとめ

ということで、ブログのネタ切れには神経質にならないことです。

書くことが思いつかなければ、思いつくまで待ちましょう。

そして、自分の書きたいこと、人の役にたつことが思いついたら、そのタイミングで書いてください。

ちなみに、僕はまだネタ切れはおこしていません(笑)

スポンサーリンク
ブログ運営など
スポンサーリンク
スポンサーリンク
オマチくんをフォローする
スポンサーリンク
オマチくんの「人生ぶらり旅」ブログ