アシックステニスシューズGEL-COURT SPEED OCレビュー【オムニ・クレー用】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オマチです。

久しぶりにテニスシューズを買いました!

生まれて初めて買ったアシックスのテニスシューズ。

今回はそのレビュー記事になります。

スポンサーリンク

アシックステニスシューズオムニ用GEL-COURT SPEED OC

これまで、私はアディダスのバリケードシリーズをずっと使用してきました。

錦織が使用していたのと、実際に履いてみて、非常にしっかりした作りで安定感もあるので、オムニ用もオールコート用もバリケードを使用してきたのですが、

錦織も既にナイキに鞍替えしており、

また、以前からまわりのテニス仲間ではアシックスを使用している人が多く、使用感を聞いたところでは、やはり日本人の足にあってるんじゃない?という意見がありましたので、

今回、私も思い切ってアシックスのオムニ用テニスシューズを買ってみました。

スポンサーリンク

アシックスのラインナップ

これが結構いろいろありまして、どのモデルを選ぶか?悩ましいところでした。

デザイン的な違いもありますし、価格面でも当然違いがありますし。

そんな中、テニス用品店に出向き、いろいろ実際に履かせて頂きました。

サイズもメーカーによって違いますのでね。

実はサイズが一番難しいかも。

そこで、私が迷ったのが

「GEL-COURT SPEED」(ゲルコートスピード)と「GEL-RESOLUTION 7」(ゲルレゾリューション7)でした。

ゲルコートスピード

「ゲルコートスピード」は、非常にソフトな履き心地で、ソールのクッションの感じも柔らかいです。

そして、とにかく軽いです。

なお、インソールは分離されていますし、かかと部分も見た目はしっかりした感じです。

ゲルレゾリューション7

一方、「GEL-RESOLUTION 7」 ですが、ゲルコートスピードよりデザイン性が高いです。

つまりカッコ良い!

ソフトな履き心地やクッション性の良さは同様ですし、ゲルコートスピードよりも耐久性に優れている感じです。

そういう意味では、ゲルレゾリューション7の方が、学生さんなど、試合をガンガンするような方には良いと思います。

スポンサーリンク

週一プレーヤーならゲルコートスピードで十分

しかし、私は週一テニスプレーヤー。

とりあえず、オールコート用はアディダスのバリケードがまだ使えますので、今回はゲルコートスピードをチョイスしました。

カラーも4種類ほどありますが、私は写真のとおり、ブラック/フラッシュイエローを購入。

正直なところ、ブラック/チェリートマトと迷いました。

しかしながら、実際、手元に届いた時は、この黒と黄色のコントラストが非常にカッコ良くて感動しました!

なお、価格面では、ゲルコートスピードが5、6千円という価格帯に対し、レゾリューション7は1万円程度と、大きな違いがあります。

自分的には「安さに負けた」部分も少しあったかも…。

スポンサーリンク

ゲルコートスピードの実際の使用感

オムニでテニスをする機会がおとずれたので、早速、使用してみました。

まず、履いてみたところ、やはりというか、とにかく非常に軽いです!

アディダスのバリケードとは、この部分が大きな違いといえますね。

その分、安定している感じというのはありませんが(バリケードの安定感が半端ないだけです)、決して安定していないというわけでもなく、

それでいてフットワークがものすごく軽くなるので、非常に扱いやすいシューズという印象。

コート上でソールが滑りやすいということもなく、ストップ&ゴーにもうまく対応できて、しっかり動き回ることができます。

ただし、かかと部分のホールド感はあまり感じないので、そのあたりを重視する方は、このモデルはやめておいた方がよいでしょう。

(これは好みの問題で、ホールド感がないからダメなシューズとは言えないと思います)

総合的には、非常にコスパのよいシューズと言えると思いますし、私は自信をもっておすすめできます。次もこれ買います!

スポンサーリンク

シューズのサイズについて

実は、アシックスのシューズは横幅が狭く2Eです。

その分、甲の部分は高いです。まさに日本人向けといった感じ。

試し履きをした際、少し小指部分が窮屈な感じがします。

私は通常26cmなのですが、試しに26.5cmと25.5cmも履いてみました。

26.5cmは小指部分の窮屈さはないですが、その他の指先部分(先の部分)が空きすぎますし、

25.5cmは、そもそも窮屈すぎて無理でした。

結果としては、26cmを選びましたが、靴ひもでかなり調整できますので、最終的には足にピッタリフィットして大正解でした。

そういう意味では、小指あたりはあまり気にしなくても良いかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

アディダス、アシックスの他にも、ナイキやヨネックス、プリンス、ディアドラ、ニューバランスなど多種多様なシューズメーカーがありますので、人によって違う、といえばそうなのでしょうが

アシックスはやはり日本人の足をよく分かっているな、という感じを今回持ちました。

そして、 GEL( ゲル:かかとや踏みつけ部に搭載されている)のクッション性は非常に心地よく、私はハマってしまいましたね。

あとは、使用状況や頻度、デザイン、価格面を考えて、どのモデルにするかを決めればよいと思います。

ちなみに、これまでオムニでもオールコート用を使用していましたが、やはりオムニ用を別に買っておいた方が良いと思いました。

使用感がまったく違いますので、オムニ用にして、自分がうまくなった気がしましたね(笑)

【後日談】

実は、後日、オールコート用としてアシックスのゲルレゾリューション7を買ってしまいました。

これはテニススクール専用(インドア用)として大事に履こうと思っています(笑)

このブルー、カッコいいでしょ!!!

【関連記事】

スポンサーリンク
レビュー・本・映画
スポンサーリンク
オマチくんをフォローする
Omachi Log