ブログ初心者がやるべき事。検索で上位表示する3つのポイント

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オマチです!

これまで、当ブログでたくさん記事を書いてきましたが、グーグルやヤフーで「検索で読まれている記事」はごく一部しかなく、大多数が「検索で読まれていない記事」となっています。

やみくもに記事をたくさん書くだけでは低品質な記事が量産されるだけで検索されるようにはならないと言われていますが、まさにその通りでブログのアクセスアップにもつながりません 。

時間をかけてせっかく書いた記事なのに誰にも読まれないのは非常に残念ですよね。

検索で読まれるためには、書いた記事が検索で上位表示されなければ、なかなか読んではもらえません。

では、いったいどうすれば検索で上位表示されるのか?

上位表示されるためには、書いた記事が良質なコンテンツであることとSEO対策が必要と言われています。

良質なコンテンツとは? SEOとは? 上位表示されるための具体的な方法は?

ブログ初心者や、特にブログを始めたばかりだとよく分かりませんよね。

ということで、「ブログ記事が検索で上位表示されるためにやるべきこと」について、これまでの私の経験なども踏まえながら以下で具体的に説明していこうと思います。

スポンサーリンク

良質なコンテンツとは何か

まず始めに、良質なコンテンツとはいったいどのようなコンテンツのことをいうのでしょうか?

簡単に言えば、抽象的ではありますが、ユーザー(検索者)に有益な情報を提供しているコンテンツ、ユーザーに喜ばれるコンテンツ、ということになります。

「ユーザーが知りたいことがコンテンツ(記事)に書かれており、それを読めばユーザーの悩みが解決される。」

それが、グーグルが評価するといわれている「良質なコンテンツ」です。

参考までにグーグルのウェブマスター向け公式ブログ に「良質なサイトとは?」の記載がありますので、その抜粋をご紹介します。

良質なサイトとは?

サイトに対する Google の品質評価アルゴリズムは、低品質なコンテンツのランキングを下げることによって、良質なサイトをユーザーが見つけやすくします。

今回の Panda アップデートは、サイトの品質評価をアルゴリズムで行うというこの難題に挑戦しました。

ここでは、そのアルゴリズム自体からはいったん離れて、そのアルゴリズム開発の背後にある考え方についてご説明しましょう。

以下に示す問いかけは、ページまたは記事の「品質」を評価する際に参考となる項目群です。

Google ではサイトの品質を評価するアルゴリズムを書くときに、このようなことを自問しています。これらの項目は、検索ユーザーが何を求めているかについての、Google なりの考えです。

もちろん、Google が実際にアルゴリズムで使用しているランキング シグナルは公開できません。検索結果が操作されるような事態を防ぐためです。

代わりに以下の項目をご覧頂くことで、Google がこの件をどうとらえているのか、ご理解頂けるのではないかと思います。

・あなたはこの記事に書かれている情報を信頼するか?

・ この記事は専門家またはトピックについて熟知している人物が書いたものか? それとも素人によるものか?

・ サイト内に同一または類似のトピックについて、キーワードがわずかに異なるだけの類似の記事や完全に重複する記事が存在しないか?

・ あなたはこのサイトにクレジット カード情報を安心して提供できるか?

・ この記事にスペルミス、文法ミス、事実に関する誤りはないか?

・ このサイトで取り扱われているトピックは、ユーザーの興味に基いて選択されたものか?それとも検索エンジンのランキング上位表示を目的として選択されたものか?

・この記事は独自のコンテンツや情報、レポート、研究、分析などを提供しているか?

・同じ検索結果で表示される他のページと比較して、はっきりした価値を持っているか?

・コンテンツはきちんと品質管理されているか?

・この記事は物事の両面をとらえているか?

・このサイトは、そのトピックに関して第一人者(オーソリティ)として認識されているか?

・次のような理由で個々のページやサイトに対してしっかりと手がかけられていない状態ではないか?

・コンテンツが外注などにより量産されている

・多くのサイトにコンテンツが分散されている

・記事はしっかりと編集されているか? それとも急いで雑に作成されたものではないか?

・健康についての検索に関し、あなたはこのサイトの情報を信頼できるか?

・サイトの名前を聞いたときに、信頼できるソースだと認識できるか?

・記事が取り上げているトピックについて、しっかりと全体像がわかる説明がなされているか?

・記事が、あたりまえのことだけでなく、洞察に富んだ分析や興味深い情報を含んでいるか?

・ブックマークしたり、友人と共有したり、友人にすすめたくなるようなページか?

・記事のメインコンテンツを邪魔するほど、過剰な量の広告がないか?

・記事が雑誌、百科事典、書籍で読めるようなクオリティか?

・記事が短い、内容が薄い、または役立つ具体的な内容がない、といったものではないか?

・ページの細部まで十分な配慮と注意が払われているか?

・このサイトのページを見たユーザーが不満を言うか?

ウェブマスター向け公式ブログ

【ウェブマスター向け公式ブログ】

https://webmaster-ja.googleblog.com/2012/09/more-guidance-on-building-high-quality.html

スポンサーリンク

SEO対策とは何か

次に、SEOとはいったい何のことでしょうか?

これは「Serch Engine Optimization」を略したもので「検索エンジン最適化」という意味です。

SEO対策とは、検索上位にコンテンツを表示をさせるための対策であり、その方法としていろいろと言われていることはありますが、何が正解なのかは実際のところ分かっていません。

その理由としては、グーグルが評価する(検索上位に表示する)基準は公開されておらず、しかも日々改善(変更)されていると言われているからです。

したがって、実際にどのような方法が効果があるのかは、自分で試行錯誤してみつけていくしかありません。

と言いながらも、現時点で効果があると言われていることは、

「良質なコンテンツを作成すること」と、「記事タイトルや見出しに検索されやすいキーワードを効果的に入れること」です。

その他にも、被リンクが多いコンテンツは良質だと評価されるという話もありますが、これは自ら対策できるものではありませんね。

ちなみに、ヤフーの検索エンジンはグーグルと同じであるということも知っておきましょう。

その2つの検索エンジンで全体の95%以上を占めています。

スポンサーリンク

ブログ初心者がやるべき3つのこと

それではさっそくですが、記事が検索で上位表示されるために、記事作成等にあたって気を付けることを一つずつみていきましょう。

ペルソナ(ターゲット)を決める

まず、書こうとしている記事の内容から、ペルソナ=具体的にどんな人に記事を読んでもらいたいのかを決めます。

(逆に、どんな人に読んでもらいたいかを決めてから記事の内容を決めるやり方もあります。)

ペルソナについては、年齢や性別、職業、年収、趣味、その他…を設定することができれば、その方がよいのでしょうが、なかなかそこまでは難しい場合も多いと思います。

例えば、この記事の例でいうと

「ブログが検索で上位表示されるためには、こういうことが大事なんですよ。」ということについて書こうとしていました。

そこから、具体的に、どんな人に記事を読んでもらいたいかを逆算して考えると、

「ブログを始めて記事を書いているけれども、なかなか検索されなくてブログのアクセスが伸びず悩んでいる人」がペルソナになるわけです。

ペルソナを決めると、具体に書くべき内容もイメージしやすくなりますよね。

検索意図を考える

次に、検索意図を考えます。

検索意図とは、検索する人が何を知りたいと思っているのか、その気持ちや感情のことです。

その検索意図を考えることによって、ユーザーが知りたいことや、悩み解決するための答えを用意することができるようになります。

そうすることにより、グーグルからも「これは質の高い記事だ」と評価されて、その結果、検索上位に表示されると言われています。

この記事の例でいうと、ペルソナは

自分の記事が検索されないことに悩んでいて、それを解決するためには一体どうすればいいのか?
について知りたいと思っているということになります。

したがって、記事にはその悩み(質問)と解決する方法(答え)を書けばよいわけですね。

ちなみに、同じような内容のコンテンツが多いですから、自分が実際に経験したことや、感じたことなどを記事に盛り込んで「オリジナリティ」を出すように心がけましょう!

オリジナリティもグーグルに評価される要素の一つと言われています。

検索されるキーワードを予測する

最後に、検索されるであろうと思われるキーワードについて考えていきます。

この記事の例でいうと、

ペルソナと検索意図から 「ブログ 検索 上位」といったようなキーワードで検索するのではないかと予想できます。

そして、実際に予想したキーワードの組み合わせで検索を実施してみると、競合するコンテンツが表示されます。

その中で、上位に表示されているコンテンツの記事タイトルや、記事内容を参考にしながら、ユーザーに読んでもらえそうな記事タイトルをつけたり、記事内容を充実させたりすれば良いのです。

但し、他人の記事をコピーすることは法的に問題がありますし、グーグルからも評価されませんので絶対にしないように!

ちなみに、ペルソナや検索意図を無視して感覚的に記事タイトルを考えると、例えば「私が〇年間ブログを運営してきて大切だと思ったこと」というようなタイトルにしてしまうことがあります。

このタイトルでいくと、「ブログ運営 大切なこと」といったようなキーワードの組み合わせで検索されないと、そもそも表示されないことになりますので競合するサイトが変わってきます。

また、このキーワードで検索するユーザーは、ブログ運営にかかる、もっと幅広いさまざまなことを知りたいと思っているはずです。

そうすると、検索したユーザーが仮にこの記事を読んだとしても、自分が知りたいと思っていたこととは違うとか、物足りないと感じるでしょうから、すぐに離脱していくものと思われますし、

結果として、グーグルからの評価も低くなり、記事が検索で上位表示されることは難しくなっていくでしょう。

その他の注意点

キーワードについては、記事タイトルだけではなく、見出し(h2タグ)や、記事の中にも意識して必ず含めるようにしましょう。

そうすることで、より上位表示される可能性を高めることができますし、上位表示されたときに、ユーザーにクリックして読んでもらえる可能性も高くなるわけですね。

また、キーワードは重要なものから記事タイトルの左側にもってくるようにした方がSEO的には良いと一般的には言われています。

あわせて、記事タイトルの文字数については、グーグルの検索結果画面に表示されるのが32文字までですので、32文字以内にするのが良いでしょう。

このあたりを最初から意識してブログを書いておくと、将来リライトする場合に楽ですね。

まだ書く記事の内容が決まっていない場合について

書く記事の内容が決まっていない場合は、キーワードの検索ボリュームやどんな組み合わせで検索されているかを、キーワードプランナーなどのツールで 事前に調べてみるのが良いでしょう。

それらのツールでキーワードを調べると月間で検索されるボリューム(例えば〇〇というキーワードは1000~1万回検索されるとか競合性が高いとか低いとか)の目安を知ることができます。

そうすることで、検索されていない(あるいは検索されることが非常に少ない)キーワードや、検索されるが競合が多くて上位表示が難しい記事タイトルをつけることを回避することができます。

ほとんど検索されないキーワードで記事を書いて検索上位に表示されても読まれなければ意味がありません。

スポンサーリンク

検索で上位表示されるために(まとめ)

これまで、ブログ記事が検索で上位表示されるためにやるべき3つのことを書いてきました。

繰り返しになりますが、

・ペルソナを決める

・検索意図を考える

・検索されるキーワードを予測する

は、検索で上位に表示されるために最低限必要かつ重要なことですので、今後、記事を作成する際には意識して取り組んでみてください。

【関連記事】

スポンサーリンク
ブログ運営など
スポンサーリンク
オマチくんをフォローする
Omachi Log