仕事を辞めたい人へのアドバイス&対応方法(まとめ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

仕事を辞めたい人には理由がある

仕事を辞めたい
そもそも自分が今すぐにでも仕事を辞めたいと思っているオマチです。

私と志?を同じくしている皆さんの一助になればと思い、これまでの投稿記事をまとめてみました!


人間関係がストレスだ

数ある理由のうち、必ず入るのではないか?と思うのが職場の人間関係


学生の時は気の合うもの同士でつるんでいれば良かったけれど、仕事となると絶対に学生時代であれば友達になってないよなと思う人達と一緒に仕事をしなければいけないわけです。

それが上司とか部下にいるわけですからストレスにならないわけがない!

気難しい、上から目線、プライドが高すぎる、すぐ激高する、言ってることがすぐ変わる、本質的でないところにこだわる、ゴマすりだけで出世、ちゃらんぽらん、などなど。


どうすりゃいいのよ?と思いますが、正直、相手は変えられません。そして、よく自分を変えろなんていうアドバイスらしきものがネット上で氾濫していますが、それも無理。

だって、それができりゃ世話ないでしょ!

結論を言うと見も蓋もないけれど、そんな人とは極力距離をとること。

距離がとれず、どうしてもどちらかが異動するまで待てない場合は異動願いを出すのも選択肢の一つだと思います。

それも不可能だとすれば辞めて転職するしかない。逃げるのは悪いことではありません。
私も何度か逃げてます。

身体を壊すくらいならということですが、究極の選択ですのでよくよく考えた方が良いと思います。

特殊なスキルがない人は基本的に処遇(給料、肩書など)が下がること間違いなしですから。
ちなみに、私は銀行を辞めて給料が3割減り、肩書きもなくなってヒラ社員になりましたから。

www.omachil.club
www.omachil.club
www.omachil.club

仕事が大変だ

次は仕事が大変だという理由です。

残業で毎日終電だ、土日出勤が多い、ノルマがきつい、プレッシャーが半端ない、逆に仕事がつまらない、などなど。

これも、どうしても嫌なら転職するしかないんじゃないでしょうか?
私の銀行員時代がまさにこれが理由でした。

自分の時間もなければ家族との時間もない。(給料は良かったけど拘束時間が長かったので時給は実はよくなかった)

何のための人生か?と思いますよね。
仕事にやりがいを感じている人は別として、そうでなければ、これはもう職場環境=会社を変えるしか方法はないのではないかと思います。

でも、そんないい会社なんてなかなかないですよ。隣の芝生は青く見えるものなのです…。

ちなみに私が銀行員を辞めた理由は以下の記事をご覧ください。
www.omachil.club
www.omachil.club



会社に評価されていないと感じる

こんな理由もあると思います。
何故、自分のほうが仕事がデキるのに他の人間が出世しているんだ?とか、これだけ実績を残しているのに何故昇進しないんだ?など。

これは、会社によって差はあるものの、人事評価はあくまでその時の評価者(上司や人事部)がすることであって自分ではないからです。

人間というのは極めて不完全な動物であって、完全に客観的な評価などは出来ません。

ましてや、感情という厄介なものにより、主観的な評価がなされることがかなりあるのが現実です。

そして「運」もあります。
能力がいくら高くても、運悪く途中でコースから外れた方を何人も目の当たりにしてきましたから。
だからといって、くさっても仕方がありません。人間関係に大きな問題がなく、労働時間等の諸条件に耐えられないわけでなければ、会社を辞めるという選択肢は取らない方が賢明ではないでしょうか。

ある程度割り切って、プライベートで楽しみを見つける、というのも一つの選択肢かも知れません。
www.omachil.club
www.omachil.club

自分のやりたいことが分からない

はい、私も50歳になって、未だにやりたいことが分かりません。(苦笑)

でも、それは私だけではないようで、結構そういう人がいるようです。

もはや、これは仕事はお金を得るための手段であって、気力体力が消耗するほど頑張るものではないと思うしかないのではないでしょうか。

ハーバードのエリートにも、そういう人達がいるくらいですから。
www.omachil.club


そもそも働きたくない

中にはこんな人たちもいます。
私も、資産家の息子に生まれ、遊んで一生暮らすだけのお金があれば、わざわざ働いたりはしないかも知れません。

とはいえ、働かないと食っていけませんので、とりあえずは頑張って働いて、お金を貯めて、早期リタイアを目指す!くらいしかないのでは?

私の会社の上司(独身)も、2億円を貯めて早期リタイアされましたので…。
www.omachil.club
www.omachil.club

まとめ

昔と違って、一流大学を出て、一流と呼ばれる会社に入れば、定年まで働けて老後は悠悠自適という時代は残念ながら終わりました。

これからは、ものすごく変化が激しくかつ速い時代で、一生安泰なんていう言葉が死語になるのでは?と思っています。

とはいえ、転職する、起業する、アルバイトや副業で生きていく、そういう選択肢を安易に選ぶのはリスキーです。

サラリーマンも、会社を選べば良い点はまだまだありますので、よくよく考えて行動すること、そして皆さんが後悔のない人生を送られることを祈念します!

www.omachil.club


スポンサーリンク
仕事・人生
スポンサーリンク
omachiloveをフォローする
オマチくんが行く!