アンカーバッテリーの必要性をひしひしと感じた話

スポンサーリンク
スポンサーリンク
f:id:omachilove:20180623130712p:plain

オマチです。

最近、ヤケ酒を飲んでアラフィフにもなって不覚にも記憶をなくしました…

人生、いろいろありますよね。

僕は今、猛烈に悲しい(涙)

それはさておき、今回はモバイルバッテリーの必要性について少しだけ熱く語ります。

スポンサーリンク

モバイルバッテリーの必要性

大阪北部地震がきっかけ

平成30年6月18日、午前7時58分頃、大阪で震度6レベルの地震が発生しました。

私はまさに通勤途中の電車の中。

車両の中で一斉にまわりの皆さんのスマホが鳴り出し、「なんだ、なんだ?」と思ったら、大地震が発生したとのニュースが。

幸い、電車は次の駅近くだったため、駅までは到着し閉じ込めには至りませんでした。

まあ、運転再開にはしばらくかかるんだろうなと思いながら、家族や会社に連絡を取ったりしていたわけですが、

1時間たっても2時間たっても「現在、運転再開の見込みはたっておりません」のアナウンスが繰り返されるだけ。

そうこうしているうちに、スマホの電池がみるみる減ってきたので、これはまずいなと思い始め、使用するのを極力控えることにしました。

お昼になっても運転再開に至らず

相変わらず、「現在、運転再開の見込みはたっておりません」のアナウンスが繰り返されるだけ。駅員さんに聞いても同様に「見込みはたっておりません」…

ということで再度会社に連絡したところ、自宅に戻ってくださいとの指示が。えーと、反対方面も当然に電車が止まってるんですけど…

どうすりゃいいの?

駅からバス等を乗り継ぐにも行先があさっての方向ばかりで、ローカル路線バスの旅になっちゃうじゃないか?

スマホの電池残量も20%切っちゃったからルート検索しまくるわけにもいかないしね。

最終手段に出ることに

こりゃ、車しかないな…

ということで、自宅に連絡し、迎えを依頼することに。

通常であれば片道かかっても1時間かな~と思っていたけど、待てど暮らせど迎えは来ず。

連絡を取るも大渋滞でちっとも前に進まないらしい。

スマホの電池は10%を切った(焦)

通信手段が途絶えるとピックアップも怪しくなる。

ということで、充電できるところはないかなーと探すことに。

でもマクドもないし、コンビニでも昔は急速充電とかできたはずなのに(物すごく昔の話か?)

そんなものは見当たらず。

最悪、モバイルバッテリーは売っているが、どうやら皆同じで結構売れている感が(汗)

早く買っておくべきか?

と思いながらもとりあえずステイ。

ようやくキター

結局、3時間かかって迎えがきました。

連絡があって無事合流できてひろってもらえた。

その時の電池残量は4%

アブなかったな…

何があるか分からないから、今後はAmazonでモバイルバッテリー買って持っておくことにしよう。

ということで買ったのがこちら。

安かったです。

iPhone2回分以上は充電できますから安心です!

備えあれば憂いなし。

皆さん、気を付けましょうね!

終わり!!!

【関連記事】

スポンサーリンク
レビュー・本・映画
スポンサーリンク
オマチくんをフォローする
Omachi Log