【大学受験生必見】センター試験で9割取るための勉強法

スポンサーリンク

どうも!

教育コンサルタント(もどき)のオマチです!

何故、急にこんな記事を書いたか?今までと全くテイストが違うじゃないの?

とお思いかも知れません。

いや~仰る通りです。

が、実はうちの子供が今年受験生なんですね。

あと書くネタに困ったから。

理由はそれだけです。すみません。

スポンサーリンク

オマチくんにそんなノウハウがあるのか?

はい、そこが問題です。

早く本題に行け!

と仰る方はここは流して下さい。

えーと、一応オマチくんは30年も昔にセンター試験を受験しました。

そして、9割目指していたのですが、残念ながら数学で大問1問(40点)を丸ごと落とすという痛恨の経験をしております。

結果は8割5分強。

なんとか2次試験は実力を発揮し?無事に第一志望の国立大に合格することができました。

ちなみに、我が子(上の方で今は大学生)もセンター9割取ったそうです

(最近は結果を教えてもらえるそうですね。時代は変わったな~)

ということで、それなりに肌感覚はあると思っています。

まあ、だまされたと思って読んでみて下さい。

(だけど読者に受験生がいるのか?が一番問題かも知れませんね)

スポンサーリンク

まずは共通事項

これはセンター試験に限りませんが、重要なのは

①基礎ができていること

②参考書と問題集は数を絞って最低3回は繰り返すこと

③問題を解く順序と時間配分を間違えないこと

だと思います。

①基礎ができていること

この時期になって基礎がまだできていない人は9割は無理です。

10月になって基礎に戻る時間はもはやありません。

ただ1点でも多くとりたいでしょうから、基礎ができてない人は、突貫工事で、センター試験の過去問をひたすら繰り返し解くことをおすすめします。

理科や社会など、暗記科目なら、このやり方でも割と高得点が狙えると思います。

英数国も全く得点に結びつかないわけではないので、できることとしてはこれしかありません。

②参考書、問題集の数を絞って繰り返す

これは勉強そのものの基本ですね。

私の場合は参考書若しくは教科書1冊、問題集は多くて2,3冊を、多いものなら5回以上は繰り返しました。

例えば日本史なら年表そのものが写真のイメージで頭の中に入っていました。

まあ、それくらい繰り返さないと逆に頭には入らないということではないでしょうか。

③問題を解く順序と時間配分

これも非常に大事です。

例えば国語なんかは解く順番を間違えると時間切れで大きく失点してしまいます。

これも繰り返し過去問を解いて、体に覚えこませる必要があると思います。

スポンサーリンク

国語

現代文(評論、小説)、古文、漢文があると思います。

古文と漢文は単語、文法、句法を覚えれば、あとは問題の数をこなすだけで9割いけると思います。

難しいのは現代文の特に評論ではないかと思います。

内容がかたいですからね。

ですが、センター試験はマークシートで選択式ですから、必ず正解には理由があります。

つまり、問題の文章の中にすべて答えが書いてあるわけで、それを見つけることができるかどうかなわけですね。

これも慣れが必要ですが、基本的には消去法で正解が導き出せます。

過去問や予想問題集を解いて、その「解説」、つまり何故この選択肢が正解なのかの理由をよく理解しましょう。

「解説」が肝です!

基本、数パターンしかありませんから、慣れればすぐ正解にたどり着けると思います。

解く順番は得手不得手によりますが、古文・漢文をやって、小説、評論の順が基本パターンでしょうか。

時間配分は漢文15分、古文20分弱、小説20分弱、評論25分が目安です。

全体で9割取るなら国語は8割以上を目指しましょう!

スポンサーリンク

数学

センター試験に限って言えば、青チャートが一通り解ければ楽勝でしょう。

それと過去問を3年分くらいやっておけば9割はかたいはず。

数学も所詮は暗記です。

解法なんてパターンが決まってますから、ああ、こういう問題はこう解けばいいんだというのが思いつくまでやって下さい。さほど難しいことではないはずです。

もし理解できなくても、やり方を覚えればいいんです。

今の目的は必ずしも理解することではなく得点することですから。

(結果8割の私は言うのもなんですが…)

スポンサーリンク

英語

英単語、熟語、文法、長文読解、いろいろありますが、英単語ならシス単とか、それぞれ有名な書籍があるでしょうから、長文読解以外はそれらを完全に頭に入れましょう。

頭にいれるためには紙に書きまくることです。

私はどの教科もそうですが、覚えないといけないことは書いて書いて書きまくりました。

読解はこれまた量をそれなりにこなさないといけませんから、河合塾の長文500レベルを何度も繰り返し解いて過去問を3年分ほどやっておけば十分9割に届くと思います。

一つだけ言っておくと、長文は毎日音読すると良いですよ。

私もこれをしてまして、最後は長文読解の問題集一冊丸ごと暗唱できる状態になってました。

結果センターでは9割5分くらいとれました。

スポンサーリンク

理科、社会

基本、暗記なので、教科書を丸ごと覚えて、あとは過去問と予想問題集をやれば9割いけるでしょう。

大事なのは100%頭の中にいれることです。

知識問題ですから、そうでないとひっかけにやられます。

日本史、世界史は全体感を把握するために山川の教科書を何度か通読する必要があります。

しんどいですが一問一答の問題集などをしっかり丸暗記しましょう!

スポンサーリンク

最後に

模試のやり直しについて一言。

皆さん、やり直しはすると思うのですが、その時に分かったつもりになっているだけの方がいるように思います。

では、もう一度、同じ模試をやりなおしたときに100点取れますか?

また同じ問題を間違えていませんか?

これが結構間違えるんです。私もそうでした。

実は完全にはわかっていなかったりするんです。これでは意味なし!

もう一度やった時に100点を取れる状態にしてください。

私はそれを「やり直しをした」と呼んでいます!

それでは、体調にはくれぐれも気を付けて本番まであと少しですが頑張って下さい。

皆さんの健闘をお祈りしてます!!!

【関連記事】

スポンサーリンク
日常その他
スポンサーリンク
スポンサーリンク
オマチくんをフォローする
スポンサーリンク
Omachi Log