会社で「コイツは無敵で最強だな」と思うのはこんな人たち

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オマチです。

たぶん、どこの会社や組織同じでしょうが

「コイツ無敵やな、最強やな」

と思う人間がいますね。

どんな人間かというと、まず、基本バカな人。だけど愛嬌がある。

仕事はできない。そして鈍感力は素晴らしいほどにあるんだなあ、これが(苦笑)

スポンサーリンク

その特徴とは

無駄に話が長く、それでいて内容も大してない。

人前での説明も苦手で、わざわざ残業して事前に原稿を作成し会議で棒読みしたりしている。

だけど人間としては結構いい奴だったりする。明るくて元気だったりもする。

なので、意外と人には嫌われてはいない。むしろ好かれていたりする。

スポンサーリンク

ツイている

重要な仕事はそもそも任せられることがない
(何故なら、任せると大惨事を起こす可能性があり、上司としては責任をとれないためである)。

が、鈍感なので、本人はそれに全くといってよいほど気づいていない。

スポンサーリンク

周りは大迷惑である

普通の仕事もやっぱり大雑把でミスが多かったりするので、周りがフォローしたり後始末をする羽目になる。

周りの人間は、コイツはダメだな~と最初からあきらめているから、最初から期待していないし、失敗しても、ああやっぱりねと思うだけである。

スポンサーリンク

まとめ

つまり、大変な仕事をさせられることもなく、仕事でミスっても〇〇さんだからね、と、許してもらえるのだ。

これが普通の人間がやるとめちゃくちゃ怒られたりするし、評価にも響いたりするのに…である。

で、これまた意外にも、早くはないが年齢とともにそれなりに昇進していたりする。

人間に可愛げがあるからである。

これってサラリーマンとして無敵じゃないか?最強じゃないか?

と思うのは最弱な私だけなのだろうか…

あぁ、人事というのは本当によく分からない世界である。

【関連記事】

スポンサーリンク
仕事・人生
スポンサーリンク
omachiloveをフォローする
オマチくんが行く!