オマチくんが行く!

アラフィフサラリーマンが月間3万PV・1諭吉を目指す雑記

平昌オリンピックと子供の大学受験が終了

平昌オリンピックと子供の大学受験

f:id:omachilove:20180321151228p:plain

私にとってはものすごく長い1か月半だった。
オリンピックはその間のたった2週間だったけど。

センター試験から始まり、私立大学受験、国公立大学(前期)受験と、失敗につぐ失敗…

全てが後手にまわり、結果が出ず、何とも言えない重い空気の中、ようやく一連の試験が昨日に終了。

受験した本人もそうだろうが、親としてこれほど心身ともに消耗するとは夢にも思わなかった。人生でこれほど後手後手にまわったのは初めての経験かも知れない。

センター試験での失敗

昨夏から早く手をつけるように言っていた社会に本人が全く手をつけず、結果としてセンター直前になり焦って集中的に取り組む始末。

そのせいでか、社会は目標点をとったものの、その他の科目で点を失い、総合的には目標点に届かず、第一志望を変更する羽目に。

その社会もセンター試験に通用する程度のレベルのため、私立受験は数学で受験する羽目に。

当然、社会で受験する学生が多い中、苦戦が予想されたが、大学が補助金を打ち切られないよう合格者数を大きく減らすという逆風もあり、まさかの全敗…
これには唖然とするしかなかった。なすすべなしとはこのことだ。

気持ちを切り替え

国公立専願だと思うことに。私立受験はそのためのお試し受験だと…。

私立はマークシート(数学は記述だが)がメインであり、国公立は記述がメインで形式が全く違うため、部分点の積み上げで勝負も可能だと親自身も含め無理やり言い聞かせることに。

だが、自然と溜息がまじる。どこで軌道がずれたのだろうか?と妻と話をするが、結局同じ話ばかりで過去を振り返っても仕方がないとの結論。

落ちたのは力がないからであって、合格する子は合格する。分かっちゃいるけど…。

しかし、今年は子供の数が多いのと、私立が合格者数を大きく減らしているのは間違いなく、かなり厳しい状況だと正直思う。
倍率も昨年の倍とかがザラにあった。
そのあたりを読めなかったのは事実で非常に反省。

そんな中でのオリンピック

前半はなかなかメダルに届かない日々が続く。それに受験の状況を重ね合わせたのは我が家だけではないだろう。

しかし徐々にメダルを獲得。特に、スピードスケートの女子は素晴らしい戦績だった。
男子フィギュアのワンツーフィニッシュも。

トータルでも長野オリンピックを上回る成績。最後は女子カーリングの銅メダルで、そだねーと少し和むことができ、そして励まされ。

あらためてオリンピックでメダルをとることの難しさと、そして努力することの尊さを実感した次第。やっぱりスポーツっていいもんだなと。

今後

国公立の後期は出願していないので、結果待ち。結果良ければうれしいかぎりだが、そうでなければ浪人へ突入。
そうなればまた一年、苦しい日々が親子ともに続く。

が、これもまた人生。そして良い経験ともなるだろう。前を向いて行こう!
私自信も一浪くんだったしね(苦笑)

 

ブログランキングに参加しました!
ポチッとして頂けますと嬉しいです!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村