オマチくんが行く!

根性なしアラフィフサラリーマンが月間1万円のお小遣い獲得を目指す雑記

年収100万で豊かな無職生活って本当にあるんだろうか

豊かな無職生活

f:id:omachilove:20171014132856p:plain
東大卒独身男が20年続ける「豊かな無職生活」という古い記事を読みました。(PRESIDENT 2012年5月14日号)

記事によると、その男性は東大卒業後に一旦大手メーカー就職したものの、社内の定期健診で胃潰瘍の跡(知らぬ間に治っていた)が見つかったり、鏡を見た時にうつっていた、同僚との談笑時の自分のひきつった不自然な笑顔を見て30歳で会社を辞めたといいます。

その後、20年以上、無職のまま、親の遺してくれた古いマンションの賃貸料、年収100万円で暮らしているのだそうです。

年収100万の暮らしはどんな暮らし?

国民年金保険料や国民健康保険料、NHK受信料、住居費などを支払うと、1カ月間で使える食費、光熱費、通信費、交通費などの生活費は、3万円。

1日3食の食費は、500円。当初、月の生活費は8万円ほどだったが、それではプータロー生活の継続が難しい。そこで、5万円、3万円と徐々に落とした。

月の生活費は3万円…。各種保険料や住居費を除いての額ではありますが、食費、光熱費、通信費ほかで3万円で、独身とはいえ本当にやっていけるのでしょうか?

とりあえず、この人は生活できているとのことなので、とことん切り詰めればいけるのですかね。ちなみに食費1日500円。うーん、凄いとしかいいようがありません。

私が好きな刺身と日本酒とかは無理ですね。だって、スーパーの刺身だけで500円くらいはしますから。

たまに友人たちを家に呼びホームパーティもするらしく、付き合っている女性もいると書いてます。ストレスもなく今の暮らしが楽しくて仕方がないとも。

もしそれが本当なら確かに「今は」豊かな無職生活と言えるかも知れませんね。人間慣れればそうなれるのかな?

残念ながら、僕にはそんな生活水準で楽しく暮らしていける自信は正直言ってありません...。

将来のことは考えているのか

毎朝の散歩と筋トレ、体重の管理、そして瞑想。日々、心と体のマネジメントは欠かしていないとのこと。

まあ、それはそれで大切ですが、そのうち収入源の賃貸マンションも修繕が必要になるでしょうし、人が入れ替わり、空家になっている間は収入も入ってきません。

最終的には生活保護になる可能性も大きいのではないでしょうか。まあ、むしろその方が入ってくるお金は今よりも多くなるかも知れませんが。

だけど、人間必ず歳をとるわけで、歳をとれば健康面でもいろんなところが悪くなり、自分のことが自分でできなくなる時もいずれは来ます。

その時のセーフティネットが万全ではないところまで考えているのかどうか。東大卒ということなので、そのあたりもちゃんと考えてますよと言われるかも知れませんが。

楽観的なのか、鈍感なのか。

何かと生き辛い世の中ではありますが、そういう人間の方が、逆に、楽に生きられるのかも知れませんね。
www.omachil.club

 

ブログランキングに参加しました!
ポチッとして頂けますと嬉しいです!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村