雄町くんが行く!

雄町米の日本酒を飲み現実逃避が得意技の中年サラリーマンの雑記

豪華寝台列車 瑞風(みずかぜ)が凄い!

豪華寝台列車 瑞風デビュー

f:id:omachilove:20170624101318p:plain
JR西日本の豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」がデビューしましたね。なんでも「走るホテル」と言われているそうで。ちなみに私は鉄っちゃんではありませんけど。

そういえば九州でも

「ななつ星in九州」っていうのが有名になりましたよね。2013年に運行を始めたななつ星ですが、1泊2日で25万円を超えるという、いやはや私のような庶民にはとても手が出ない価格帯…。それでも車両のデザインなどが話題を集めて、予約倍率はなんと最高で37倍と、超人気らしいです。しかし、世の中にはお金持ちがたくさんいるんだな~

鉄道ファンが集結

デビュー当日、大阪駅のホームに多くの鉄道ファンが集まったそうで、結構ニュースでもその様子が報道されてましたね。記念撮影してたりとか。京都駅でも出発式があって、立ち寄り先の城崎温泉駅到着時も結構人が集まってました。すごい人気!
最初の旅程は「文豪と維新の歴史をたどる旅」と題した山陰線下りコース。オープンキッチンの食堂車で昼食の京料理を味わい、城崎温泉駅で下車して温泉街を巡るり宿泊した旅館や作家・志賀直哉が滞在した部屋を見学し、伝統工芸品の製作を体験する。いや、至れり尽くせりとはこういうことを言うのでしょうか。2日目は萩焼の工房や、吉田松陰ゆかりの地を訪ね、途中、ビューポイントである余部橋梁(きょうりょう)や萩反射炉を車窓から眺められるとのこと。

で、今度はどれくらい人気なのか

11月出発分まで完売(マジか…)
現在、12月から来年2月に出発する列車の申し込みを受付中らしいです。
10両編成で3クラスの客室を設け、最大定員は34人。関西と中国地方を結ぶ片道、周遊タイプで、山陽本線と山陰本線を経由する計5コース。
料金は1人100万円以上するコースもある。

1人100万ですよ、100万。絶句…

JR西日本は20日、今月から運行が始まった豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス 瑞風」より割安で楽しめる長距離列車を2020年夏までに導入する計画を明らかにした。来島達夫社長は「これまで列車の旅に縁がなかった人たちの需要を掘り起こしたい」と述べた。運行区間や車両デザインは今後検討する。
シニアや訪日外国人など幅広い世代を対象に、鉄道の強みを生かして沿線の魅力や観光を楽しんでもらう狙い。京阪神と山陽方面、山陰方面といった期間ごとに複数の区間を運行する。価格は特急「サンライズ出雲」(東京-出雲市)などを参考に、例えば大阪-出雲間の距離で、1泊2日数千円~2万円台(全席指定)を想定しているという

せめてこれくらいなら、という感じでしょうか(笑)

 

ブログランキングに参加しました!
ポチッとして頂けますと嬉しいです!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村