オマチくんが行く!

根性なしアラフィフサラリーマンが月間1万円のお小遣い獲得を目指す雑記

何故、錦織圭はグランドスラムはおろかマスターズですら優勝できないのか ?

グランドスラムとマスターズ大会の違い

f:id:omachilove:20170614082303p:plain
グランドスラムは全豪、全仏、全英(ウィンブルドン)、全米オープンの四大大会で、全て5セットマッチ(男子のみ)、ファイナルセットは7ポイントのタイブレーク制ではなく、どちらかが2ゲーム連取しないと終わらない、しかも二週間にもわたる非常にタフな大会です。技術や戦術はもちろんのこと、メンタル面や体力面でのタフさが求められるため、優勝することは極めて難しいわけです。

それに対してマスターズ大会は

年間を通じて9度もあり、全て3セットマッチ、ファイナルセットもタイブレーク制ですので、グランドスラムとはかなり条件が違います。もちろんトップ選手はほとんど参加してきますから、そういう意味では優勝するのは他の大会より難しいですが、錦織は過去、全米オープンの決勝まで進出していますので(その時はチリッチに敗退して準優勝)、グランドスラムはもちろん、マスターズ大会で優勝していてもなんら不思議はないはずです。なのになぜ勝てないのか?

BIG4と呼ばれる選手達

今、BIG 4と呼ばれている選手達は、フェデラー、ナダル、ジョコビッチ、マレーの4選手です。彼らはマスターズはもちろんグランドスラムでも1度ならず複数優勝をしています。
フェデラーは18回、ナダルは15回、ジョコビッチは12回もグランドスラムを制しています。そして四大大会全てで優勝、つまりキャリアグランドスラムを達成しています。まさに奇跡といっても過言ではないレベル。そういう意味では、マレーは現在世界1位ではありますが、同じレベルの選手とは個人的には思っていません。個人的にはBIG3と呼ぶべきだと思っています。 (マレーのファンには申し訳ありませんが)

BIG4との違い

錦織は過去、色んな大会でBIG4と戦い、勝利をあげています。もちろん対戦成績は負け越していますが、グランドスラム(全米オープン)でもジョコビッチに勝利したことがあるわけです。
ではなぜ未だにマスターズですら優勝できないのか?

フリーポイントの差

フリーポイントとは、つまりエースのことです。自分が放ったショットに対して、相手がミスをしたりして1本でポイントが取れる。一番分かりやすいのはサービスエースです。錦織はサービスエースの数が他のトップ選手と比べると大幅に少ないのです。要するにサービスが弱点ということです。サービスエースが取れないのでラリーになり体力的にも厳しくなる。昔に比べれば今でも随分改善したかも知れませんが、やはり歴然とした差があります。BIG 4は軽く200km超のファーストサーブをセンターにワイドにボディに打ち分けて、大事なポイントをサービス1本で切り抜けます。ここが錦織と大きく違う点であることは間違いありません。なにせ、錦織が200km超のサーブを打つことは残念ながらほぼありません(できません)から。

なぜもっと早いサービスが打てないのか?

これは正直疑問です。錦織の身長は178cmです。他のトップ選手は185cm以上なので、有利なのは間違いありませんが、170cm台の選手でも錦織より早いサービスを放つ選手はいます。一体どうすれば良いのか、これについては私にも全く分かりませんが、もしあと数センチでも身長が高かったら歴史も大きく変わったに違いないと私は思います。そんな中で、フリーポイントが取れる選手と互角に戦えるというのは余程ストロークの力が凄いことの証左でもあります。そういう意味ではやはり天才なのですね。

今後、どうすれば良い?

それは本人やマイケル・チャンが一番良く分かっているとは思います。(笑)素人が言うことではないのでしょうが、サービスについてこれ以上の大きな改善は見込めない気がしますので、ストロークをさらに磨く、つまり試合、大会を通じてもっとミスを減らし、それが安定してできるようにすること。そのためには技術力というよりは精神力の世界ではないかと思っています。全仏でのラケット連続破壊事件とかを実際にテレビで見ていますと、今年は例年より精神的に安定していない気がします。キリオスやティエムなどの若手の台頭などを目の当たりにして年齢的な焦りを感じていたりもするのでしょうか?

まとめ

今年は全豪でフェデラーが優勝し、全仏ではナダルが優勝するなど、全盛期を過ぎたと思われていた選手の復活劇がみられます。一方で近年無敵を誇ったジョコビッチの不調や、相変わらず勝ちきれないマレー、不安定なワウリンカ、完全復活できないデルポトロなどの選手もいます。そんな中、ゴファンや特に21歳のティエムの活躍などもみられ、大きく世代交代するのか否か、そしてその中間にいる錦織世代と呼ばれる選手達は一体どうなるのか、混沌としている年ではないかと思うのです。錦織ももう27歳。何とか精神面で安定し、今年こそ、マスターズはもちろん、グランドスラムの初制覇を期待しています!

www.omachil.club
www.omachil.club

 

ブログランキングに参加しました!
ポチッとして頂けますと嬉しいです!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村