読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雄町くんが行く!

雄町米の日本酒を飲み現実逃避が得意技の中年サラリーマンの雑記

人並みの生活を送るには月収いくら必要か?

年代毎の支出と必要年収

先日、ネットニュースで年代毎の支出と必要

年収が出ていました。

 

ちなみに30代ですと以下のとおり。(概算)

・食費 約10万8千円

・住居費 約5万円7千円

・交通・通信費 約3万8千円

・教育費 約2万7千円

・教養娯楽費 約4万6千円 

その他を含め、総計で43万円とのこと。

必要年収は599万円。

 

それが40代になると

・食費 約12万1千円

・住居費 約6万円3千円

・交通・通信費 約3万9千円

・教育費 約3万7千円

・教養娯楽費 約3万2千円 

その他を含め、総計で45万円。

子供が大きくなった関係でしょうか?

食費、住居費がアップして、娯楽費がダウン。

必要年収は647万円。 

 

そして50代になると

・食費 約12万5千円

・住居費 約6万円5千円

・交通・通信費 約5万円

・教育費 約12万9千円

・教養娯楽費 約2万8千円 

その他を含め、総計で58万円。

教育費が3倍に!

 必要年収は821万円。月収で70万円弱。

 

  埼玉県労働組合連合会のまとめだそうです。

 

人並みの生活の定義がそもそも良く分かりませんが、やっぱりそれなりにかかりますよね。

特に子供が大きくなってきますと学費が…

ちなみに住居費は賃貸ということで、少し低いのでは?という気がしますから、実際はもっとかかるかも。

 

アベノミクスはインフレ誘導ですし、消費税上げも控えてますから、我慢の毎日が続きます。

ハアー 

働けど働けど我が暮らし楽にならざりですね。

 

www.omachil.club