読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雄町くんが行く!

雄町米の日本酒を飲み現実逃避が得意技の中年サラリーマンの雑記

夫婦円満の秘訣

僕が実践している方法は以下のとおり。

唯一無二の秘訣?を開珍したい。

何がどうあれ、男から『先に謝ること』だ。

えっ、なんで?他にないのっ?

ない。ただそれだけだ。それに尽きる。

そのおかげで、結婚して約20...えーと、何年だったかな?
なんとかこれまで生きながらえて いや、もとい、
円満な家庭を築き、そして維持できているのだ。

自分は何も悪くないのに何故? なんて絶対に思ってはいけない。

何故なら、僕が知っている限り、女性は自分のことを棚にあげる
専門家だ。いわばプロ。(ちなみに女性とは僕の妻を指す。)

プロにシロウトが勝とうとしてはいけない。勝ち目はないのだ。

正直、機嫌が悪い時、その理由が全くわからないときがある。
実は、本人も分かっていないのではないか?と思うフシがある。
だからこそ、女性側から謝ることは期待できない。

自分だって〇〇してるのに、何故、人のことを責められるのか?
と、甚だ疑問に思うことがこれまでに数限りなくあったが、

それを口にしようものなら、ほぼ間違いなく問題解決から遠のく
だろう。

いや、遠のくどころかシリアスプロブレム、つまり生命存亡の危機
となること間違いないであろう。

従って当方がとる戦略としては一つしかない。

ただただタイミングを図って、こちらは悪くないことを分かりながら、
こちらから謝るしかないのだ。

世の中は本当に理不尽なものだとつくづく思う。
まあ、理不尽、不条理など、生きていくうえでは数限りなくある。
仕事だってそうだ。

知人関係だって友人関係だって、近所づきあいだってそうだ。
ああ、子供つながりなんかも時には限りなくめんどくさい時がある。

人間関係なんてものは全てそう。まあ、利害関係の有無によって
多少、差はあるけれど。

実は、若い頃、それ以外のことを試したことがある。

例えば、結婚記念日にバラの花束を買って帰ったことなども。

一応、その時は喜んでくれた(ふりをしてくれた?)こともある。

花屋のオジサンから、カッコいいと言われ、おおっ、これからは
毎年、花を買って帰ろうと思ったものだ。

ところが、その翌年、妻が言った。

花よりロールケーキがいい...

えっ そうなんだ...(絶句)

花より団子なんだね。

ということで、それ以降、ロールケーキになったのだが、それも
今は昔。

効果はさほど期待できない為、今はもう何もしていない。