読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雄町くんが行く!

雄町米の日本酒を飲み現実逃避が得意技の中年サラリーマンの雑記

フェデラー マイアミの死闘!

いやー、今朝の試合凄かったです!

男子テニス、マイアミ マスターズ の準決勝。

あっ、マスターズというのは、グランドスラム
についで、大きな大会で、優勝すると1000
ポイントもらえる大会。

ATP1000 とも言います。

ATPの大会は、250、500がその他にあって、
その下には、更にチャレンジャー大会があります。

ちなみに、グランドスラムは、四大大会といって
全豪、全仏、全英(ウィンブルドン)、全米オープン
ですね。

話は横道にそれましたが、今回はATP1000の
マイアミマスターズという大会で、準決勝は

男子テニス界のレジェンド、グランドスラム18回
優勝(史上最多)の王者フェデラーと、相手は相当
問題児の、とはいえ次世代の世界NO.1候補である
ニック・キリオス。

キリオス 21歳

フェデラー 35歳

その差、14歳ですが、フェデラーは相変わらずの
スーパープレーの連続でした!

フェデラーは、昨年のウィンブルドンで膝を痛めて
その後はプレーしてなかったんですよね。

それが、今年に入って、最初のグランドスラムである
全豪オープンでいきなり、優勝!

その後も、ドバイの大会は2回戦で敗退したものの、
次のマスターズも優勝し、今季既に2勝。

で、今回の準決勝のスコアは、なんと7-6,6-7,7-6
タイブレークのスコアは11-9,9-11,7-5

3時間にもわたる本当に凄まじい試合でした!

今日のお客さん、この試合を生で観れて本当にラッキー
だなー

私は、ケーブルテレビで、GAORAで観戦しており
ました。興奮しましたね!

結局、決勝は全豪オープンと同じカードとなりました。

フェデラー対ナダル という、黄金カード!

ナダルも言わずと知れた名選手で、一時代を築いた
選手です。(というか、フェデラーより年下だし現役)

対戦成績は、ナダルのほうが上回っているんですが、
それは、ナダルがクレーコートを得意としているから。

クレーの試合時期は一年を通じて一番長い?ですし、
その代表である全仏オープンを9度(ということは
9年間ですよ)優勝している、クレーキングなのです。

といいながら、ハードや芝でも優勝経験あり。
永遠のライバルといっても過言ではありません。

決勝も非常に楽しみです(๑•̀ㅂ•́)و✧

東京オリンピックでフェデラーのプレーを見れたら
最高だろうなー☺